記事一覧

奥田健次の出張カウンセリング 自閉症の家族支援物語

「奥田健次の出張カウンセリング 自閉症の家族支援物語」を読んでみました。この作品では、奥田健次先生の生い立ちが語られてます。両親が離婚して母方についたものの母の再婚相手から暴力を受けるなど辛い少年時代を過ごします。なんとかグレずに毎日のようにバイトをして学費を稼ぎ大学院まで行ったそう。努力の人ですね。私だったら心が折れてしまいそうです。今回も子供たちの症例はいくつか書かれてますが、先生いわく素人考...

続きを読む

拝啓、アスペルガー先生を電子コミックで読んだんでネタバレ!無料試し読み

トイくん、小5のケースこの回では、トイくんと奥田先生の日常の会話が4コマ漫画風に描かれています。なんだか漫才っぽくて笑えますが、実際に毎日だとたいへんなんだろうなあ。忍耐が必要だと思いますが、先生のプロの技には恐れ入ります。コミックシーモア...

続きを読む

拝啓、アスペルガー先生を電子コミックで読んだんでネタバレ!無料試し読み

教室で寝そべるマシモくん 小1のケースマシモくんは、小学校1年生。席を立ってフラフラ歩いたり寝そべったりまともに授業が受けれません。学校の方針で寝そべり始めたら保健室へ連れていかれることになっています。奥田先生は、お母さんにマシモくんの授業に付き添うよう指示します。秘策は、マシモくんの好きな塗り絵をわんこそばのように次々と与えるということ。やがて、塗り絵をさせずとも黙って座って授業を聞いてられるよう...

続きを読む

拝啓、アスペルガー先生を電子コミックで読んだんでネタバレ!無料試し読み

サトちゃんのケースサトちゃんは4歳ですが、暴れだすと手がつけられず、一人遊びができない子。幼稚園をクビになってしまいます。家に置いといてもかまってちゃんなので母親は仕事ができません。父親は無関心で非協力的。娘がそのような子になったのは「自分のせいではない」というばかりで全く母親を助けようとはしません。ママ友との外出にも文句タラタラ。彼女は子育てブラックジャック奥田先生を訪ねます。タカラジェンヌ式移...

続きを読む

拝啓、アスペルガー先生を電子コミックで読んだんでネタバレ!無料試し読み

おねしょが治らない小4のレイアくんのケース レイアくんは、幼稚園のときADHDと診断されかなりの多動児でした。幼稚園教諭の勧めで奥田先生のカウンセリングを受けます。でも小学4年生になったけど未だにおねしょが治りません。「お母さん恥ずかしいよ」なかなか先生に相談できませんでしたが、意を決してカミングアウト。レイアくんの夜尿症のことを相談します。「それは簡単に治るで!」奥田先生は、この夜尿症をあっさりと解決...

続きを読む